読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『干戈の災厄』guerra-guerra-guerra

アルカディアの荒野。


雨が地に叩きつけられる音。
銃が弾丸を放つ音。
そして、赤子の泣く音。

三つの音が鳴り響くなか、一人の女性が吐き出すように声を絞る。


「ど、どうかお願いします! この子だけは……この子だけは!!」


その影が地面へ伏してまもなく、三つの音は二つになった。

 

 

 

 

 


時と場所は変わって、 ここはソリディア。
星の力の固形化物であるクリスタルの採掘で有名な星であった。 有名であったがために、目をつけられたわけだが。
この星がソリディアと呼ばれるのも、この日で最後であった。


『アーハハハハ』


最後へと向かう星に、笑い声が響く。もっとも、この声を耳にした者がいたのかどうか。それはわからない。


『ハハ、ハハハハハハ』


この星の最後が、愉快なものであったのか。それは笑い声の主にもわからない。彼が笑うのは、笑わない理由を持たないからであった。
自らの手で自らを破滅に導く生物というのは実に不思議な存在のようであったが、彼にとってそれは当たり前と変わらない。
空が黒いのと同じで、 それがそういう性質を持っているだけのこと。 時が流れると植物が華を咲かせるのと同じように、時が流れると華が枯れるのと同じように、時が流れると人は争い、滅んでいく。 今まで見てきたのがみんなそうだったのだから、否定する理由もない。

その時、一発のこぼれ玉が、彼の半身を貫いた。


『アー』


思いがけない出来事に笑い声が止んだ。はじめて感じるその感覚に、集中する。
なんだろう、これは。 さっきまで半身があった場所から、強い感覚に襲われる。 気持ちの良いものではない。 少ししてから、自分がこの感覚を拒んでいるのがわかった。
しかしそれ以外に変化はなかった。少々この感覚が気になるが、どうしようもない。時間が過ぎてどうなるか試してみるしかない。もしこの感覚が一生付きまとってくるなら 鬱陶しい限りだが、どうなるかなんてわからない。


とりあえず、この星は今日終わるのだろう。
しかしこの生物たちは 再び何処かから湧いてくる。そしてまた争い、滅びる。
この連鎖に終わりは来るのだろうか。


気になる。


もし来るとしたならば、その時は完全に滅んで、終焉を向かえた時であろうか。


ならば、試してみよう。 きっと何処かには、自分と同じ終焉を求める者がいるだろう。 時間はきっとまだたくさんある。 この感覚が消えるのを待ちながら、探してみよう。

 

アハ、アーハハハハ

 

笑い声が響く。

 

 

 

 

 

 

 

 

書物庫へ戻る